昭和の名ランナー宗兄弟、どっちが兄?弟?

人物

マラソンや駅伝が好きでテレビ中継でよく見て、応援していました。1970年~1980代にかけて活躍したマラソンランナー「宗兄弟」を覚えていますか?

宗茂(兄)と宗猛(弟)はメガネがトレードマークの双子ランナーです。

 

大分県出身で高校卒業後二人とも旭化成に入り活躍しました。旭化成と大きく胸に刻まれたユニホームも印象的でした。

流れるようなフォームで規則正しく淡々とピッチを刻む瀬古利彦選手と対象的で、必死に髪を乱して激走するスタイルに感動しました。今回は兄弟どちらが勝つのか予想するのも楽しみでした。

出典:http://deai-wakare.tokyo/wp-content/uploads/2018/02/5b44ef960e057e33cf37c720deaaa565-300×300.jpg

同じユニホームで走る双子の宗兄弟、テレビを見ていてどっちなのと思ったことはありませんか?

兄の茂は首が右に傾けて走り、弟の猛は首を左に傾けて走るのが特徴的で二人の見分け方のコツでした。

兄は左利き、弟は右利きといういわゆる「ミラー・ツイン」であったことが、走る時の首の傾きとも関係があったのでしょうか?

 

設楽兄弟、村山兄弟、市田兄弟のように現在活躍している双子ランナー。東京五輪での活躍を期待しています。頑張れ!

コメント