まんがはじめて物語のモグタンは何者?不思議な魅力のキャラクター

アニメ

まんがはじめて物語は、1978年から1984年まで続いたTBSで放送された子供向け番組。

お姉さんとピンクのモグタンが、様々な始まりを実写とアニメでわかりやすく解説してくれましたよね。

初代のお姉さんは、ケロンパことうつみ宮土理さんでしたが、一番印象に残っている二代目の岡まゆみお姉さんは、20話~最終回まで「はじめて」について楽しく教えてくれました。

まんがはじめて物語 OP 不思議な旅

アニメになったまゆみお姉さんは、放送時の実写で着ている服装とは異なり、ポロシャツにズボン姿がカッコよかったですよね。

まんがはじめて物語は、なんといってもモグタンと一緒に長い呪文を唱える場面が魅力的!

長い呪文を覚えたくて、家族に教えてもらった記憶がありますが、結局最後の「モーグタン♪」の部分しか覚えられなかった幼少期でした。

出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp/fa4/3237015/20150420_637603.jpg

身近な始まりの原点をアニメで教えてくれるので、観ているだけで頭が良くなった気分に。

子供向けにわかりやすい展開は、夢の世界へ連れて行ってもらっている感覚になり、どのお話も楽しく学びながら観ていました。

ピンクのモグタンは、バクをモデルに誕生したそうですが、子供目線からはカバなのか妖精なのかが最後まで謎に包まれていたところも印象深かった作品です。

コメント