「やさしさに包まれたなら」で情愛を感じたあの頃

歌謡曲

「やさしさに包まれたなら」は、柔らかくて、淡いオーラが魅力的。

荒井由実さんこと、現の松任谷由実さんの楽曲です。

3枚目のシングルとしてリリースされたのは、1974年。

当時、この曲に感銘を受けた人も多いのではないでしょうか。

 

“目にうつる全てのことは メッセージ”

 

サビを締めくくるのは、このフレーズ。

私が、いちばんに情愛を感じる部分です。

また、サビに注目して歌詞を読んでみましょう。

すると、サビ全体がひとつのシーンとして繋がっているのが分かるのです。

リリース当時子供だった私も、作詞に込められた心模様を想像するのが

好きでした。

松任谷由実 やさしさに包まれたなら

「やさしさに包まれたなら」といえば、スタジオジブリ作品「魔女の宅急便」。

風が吹き抜けるような、爽やかな印象を持ちます。

まさに打ってつけ、エンディングテーマとしても有名ですよね。

出典:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d3-bb/nonkig3/folder/1236673/21/53545421/img_0?1498481204

「やさしさに包まれたなら」は、幼い頃を恋しく想う回想から始まります。

そして最終的には、目にうつるものをメッセージとして信じていく。

そんな前向きなメッセージが、込められていると言えるでしょう。

 

タイトルの通り、優しく包み込んでくれるこの曲は、

あの頃から私たちを励ましてくれました。

今も、もちろんのこと。

コメント