昭和らしいリンスの使い方!薄めるのが一般常識

アイテム

しっとりタイプ、ダメージヘアータイプなどヘアケア商品の種類はとても豊富なので、選択肢に困ることはありません。

しかし子供の頃を思い出すと、シャンプー売り場はさほど広くなく限られたブランド内で必死に選んだものです。

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR9yef9sL5MBk36GMT8zcuDwj4MPjJmWvkZkpHKBWbKSPbg6CDN

エメロン、シャワラン、エッセンシャルなど、一通り皆さんも使った経験があるでしょう。

シャンプーと必ずセットで購入したものといえばリンス。

コンディショナーと呼ばれるようになる前のことです。

 

皆さんはリンスに使い方があったことを憶えていますか。

ストレートではなく薄めて使うもの、そんなことをいまだに実践している人はかなり昭和通かもしれません。

昔は桶にお湯を入れてリンスを少量混ぜて薄めて使っていました。

 

それがメーカー指定の使いなのかどうかはわかりませんが、昔のリンスってそんなに濃縮されていたものなのでしょうか。

ひと手間かけてシャンプーとリンス、そんな昭和の入浴シーンを思い出すと1日の疲れが癒されそうです。

リンスを薄めるなんて節約主婦には良い方法かもしれませんね。

コメント