初めてマックのハンバーガーを食べた昭和の劇的な一日

食べ物

アメリカからやってきたハンバーガーのお店マクドナルド。

隣街の駅前にできたので行ってみようと小学生のころ、近所の幼馴染と一緒にマックデビュー。

確かはじめて食べたのはチーズバーガーだった記憶がありますが、衝撃を受けたのはハンバーガーに入っているスライスのピクルス。

出典:https://image.middle-edge.jp/medium/1107bea4-1862-4b9a-a1fd-a1455186682d.jpg?1468806456

最初の何口かはさすがアメリカの食べ物だと思いながらワイルドな気分になっていましたが、ピクルスが口のなかに入った瞬間、友達と私は顔を見合わせてしまいました。

ナニコレ?それが生まれて初めて食べたピクルスの正直な感想。

マズイっといって口から吐き出した私の友達、意地でもがんばって飲み込んだピクルスの味がマック初デビューした時の一番の思い出になっています。

 

マックには長蛇の列ができ、みんな何を注文するかメニューに穴があくほど見ていたでしょう。

本場のハンバーガーを味わった初体験の日から、リピートするまでかなり期間があったと思います。

子供ながらに衝撃を受けた新しい食べ物、そしてピクルスという不思議な物体の存在に頭を悩めた懐かしい体験です。

コメント