女子プロレスブームを巻き起こした「ビューティ・ペア」

人物

1970年代後半、女子プロレスブームが巻き起こりました。その中心的存在だったのがビューティ・ペア。

ビューティ・ペアは1976年から1979年に活躍したジャッキー佐藤とマキ上田のコンビで実力とかっこよさから、その人気は絶大でした。

特にブラック・ペア(池下ユミと阿蘇しのぶ)との熱戦はいつも観客を魅了しました。

出典:https://cdfront.tower.jp/~/media/Images/Article/Series/bounce/rekishi/%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9A%E3%82%A2_A.jpg?la=ja-JP

歌っては「かけめぐる青春」「青春にバラはいらない」「真赤な青春」などのヒット曲で席巻し、試合前のリング上で歌い、色とりどりの紙テープが黄色い声援とともに舞い乱れる光景はまさにスーパースター。

リング上のピンク・レディーと言われるほどで、まさに女子プロレス界のアイドルでした。

 

しかし、ビューティ・ペアの最後はファンにとって大変ショックなものでした。なんと二人は引退を掛けて対戦することになるのです。

マキ上田は敗れて引退、ビューティ・ペアは解散。女子プロレスブームを巻き起こしたスーパースター「ビューティ・ペア」の終焉は1979年のことでした。

コメント