エースをねらえ!のお蝶夫人にときめいたあの時代

アニメ

エースをねらえ!は、本格的なテニスアニメ。

岡ひろみの身体能力をと才能を見抜く宗方コーチとお蝶夫人は、特別な存在感がありました。

お蝶夫人に気に入られている岡ひろみが羨ましくて、自分に置き換えて観ていましたが、ひろみの才能に嫉妬していた頃のお蝶夫人の姿はちょっぴり怖かったですよね。

高校生なのにお蝶夫人というあだ名はインパクトがありすぎましたが、あの当時は気にせず夢中で観ていた思い出が。

金髪の巻き髪スタイルに大きなリボンを見るだけで、すぐお蝶夫人だとわかる姿は、気品とお嬢様オーラがあって大好きでした。

新・エースをねらえ! OP stereo

美形の宗方コーチは色白で病弱という、訳ありの雰囲気がなんとも言えない切なさが…。

鬼コーチぶりが好きになれませんでしたが、登場する度にどんどん惹きつけられていったキャラクターです。

エースをねらえ!は、多くの名言が残されていて、今でもすごく心に響きます。

出典:http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016b/65684.jpg

前髪が短くて可愛いひろみの親友マキちゃんは、等身大の高校生っぽさがあって登場するとホッとしました。

エースをねらえ!に憧れてテニス部に入ったあの頃は、岡ひろみになったつもりでいつかお蝶夫人のようになると信じ練習に励んだことも。

テニスを好きになったきっかけをくれた、大切な作品です。

コメント