みつばちマーヤの冒険は勇気と友情がいっぱい!

アニメ

みつばちマーヤの冒険は、1975年にアニメ化された作品です。

1982年には、新みつばちマーヤの冒険として続編が放送されました。

マーヤと親友のウイリー、バッタのフィリップと共に外の世界を冒険するお話です。

みつばちマーヤの冒険OP

アニメオリジナル作品だと思っていましたが、ドイツの児童文学書で世界中の子供たちに愛されています。

主題歌は、チーターこと水前寺清子さんが担当していましたが、優しくて温かい歌声に癒されましたよね。

エンディングで、「おやすみ」と語り掛けるような歌詞の部分が特に好きでした。

出典:https://vmimg.vm-movie.jp/image/android/480×360/046/s046026031a.jpg

いつも眠たそうな目をしているウイリーの「ねえ、マーヤ」というセリフが好きで、モノマネをしていたあの頃。

天真爛漫で好奇心旺盛のマーヤと、のんびりしているウイリーの対照的な二匹のやり取りも、ほのぼのしていましたよね。

フンコロガシの不思議な動きが印象的で、実物を探しに公園や林を探しまわったことも。

 

新しい仲間と出会って成長していく姿に、感動と勇気を教えてもらった気がします。

子供の頃は、ハチが主人公のみつばちマーヤの冒険と、みなしごハッチが頭の中でごっちゃになってしまうことがありましたが、みつばちの世界に夢と魅力を感じたアニメです。

コメント