「百万本のバラ」を聴いて、あなたは誰を想いますか。

歌謡曲

「百万本のバラ」を初めて聴いた時に、そのロマンティックで深い響きに聞き惚れました。

元々ロシア語の歌謡曲で、日本では加藤登紀子の日本版でも知られています。

百万本のバラ(加藤 登紀子)

加藤登紀子の歌唱力や、哀愁のある歌声がこの曲にとても合いますね。

ひとりの男性のあまりにも切ない気持ちが、歌われています。

自分の全てを失っても、愛する女性のためにバラの花を買う。

本来なら考えられない世界かもしれません。

 

真っ赤なバラの海 という表現から大輪のバラのイメージが広がり、そしてその情景が浮かんできます。

愛し方は人より違うもの。

どのように愛情を表現するかも人により違いますよね。

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5162F45K9NL.jpg

たとえ、自分からの愛情だと気づかれなくても、真っ赤なバラでうめつくしたい画家の想い。

無口で朴訥な雰囲気、でもとても一途な男性の姿が浮かんできます。

叶わない愛だとしても、画家の想いが少しでも満たされたのなら、それでいいのかもしれない。

そう思わせる曲でもあります。

今も、バラの花を見るたびにこの曲を思い出すほど、インパクトのある曲ですね。

コメント